◎ワンちゃんとネコちゃんの予防接種について◎

〈ワンちゃんの予防〉

・狂犬病ワクチン

法律により生後3ヶ月以上のワンちゃんは年1回の接種が義務付けられています。狂犬病は人を含む哺乳類全てに感染し、発症するとほぼ100%死に至る恐い病気です。

・混合ワクチン

ワンちゃん同士で感染する病気(一部人にもうつる)の予防です。かかると重篤な症状に至り、死亡したり後遺症の残る恐れがありますので接種をオススメします。

※なお上記2種類のワクチンを同時に接種すると干渉作用(互いのワクチンの影響で効果が落ちる)のため所定の期間をあけて下さい。

・フィラリア予防

蚊が媒介し心臓に寄生して病気を引き起こします。感染すると完全な治療法はなく、予防により対処することをオススメします。なおフィラリア感染症のワンちゃんに予防薬を投与後、死亡した報告ががありますので血液検査等で感染のないことを確認して投与することをオススメします。この地域ですと、5月の末から12月の末の間の予防になります。

・ノミ、マダニの予防

ノミ、マダニに刺されるとかゆみや腫れを伴うだけでなくアレルギーになってしまうこともあります。さらに色々な病気を媒介し重症化することがあります。中には人の病気を持っていることがあり注意が必要です。

〈ネコちゃんの予防〉

・混合ワクチン

ネコ同士の病気を予防するものです。やはり重症となる病気を防ぎます。室内飼育は3種混合ワクチンを、外に出たり同居猫が猫エイズ、猫白血病であればそちらの追加接種をオススメします。

・ノミ、マダニの予防

症状はワンちゃんと同じです。外に出るネコちゃんは予防をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です